犬が食べてはいけない危険な食べ物を知るのは大切

犬の体臭の原因はドッグフードかも

最近、犬の体臭が気になるようになった。それはエサとして与えているドッグフードが原因かもしれません。

人間でも、普段からお肉をよく食べる人の体臭がきついとよく言われます。それは肉類に含まれる脂質が臭いの原因になっているからなのです。

また、にんにくは食べたその瞬間から体臭というか悪臭を放つことになりますね。同様に、犬も食べるものによっては、気になる体臭を発するようになります。そんなときは、普段、愛犬に与えているドッグフードを見直してみてはいかがでしょうか。

犬は基本的に、肉食寄りの雑食です。野菜など、植物性のエサも食べられますが、植物性のエサが原因で消化不良を起こすことがあり得ます。消化不良を起こすと、それが体臭の原因となります。まずは排せつ物が悪臭を放つようになりますが、体内の臭いが体の外に漏れてくる形で犬本人の臭いが悪化します。

この場合、体臭以前に犬の健康が心配ですね。一刻も早くそのドッグフードを与えるのを止めて病院に連れて行くことを考えましょう。

ここまで、犬が食べるものが原因で体臭がきつくなる話をしてきましたが、体臭の原因はドッグフードではなく、飼い主さんの普段のケアが原因の可能性もあります。普段からちゃんとシャンプーしていますか?犬は汗をかかないと言われますが、実は体中に汗腺があって、そこから出た汗が体臭の原因となっているのです。きちんとケアをしてあげないと犬の体臭がきつくなるのはそのためです。

体臭の原因としてドッグフードを見直す前に、まずは愛犬をシャンプーしてあげましょう。シャンプーをするときは、その前にブラッシングして体に着いた汚れを落とすこと。そして、シャンプーの後はきちんと体を乾かせてあげること。生乾きのままにしていると、雑菌の繁殖を促進するので、かえって体臭がきつくなることになります。

ただし、犬の肛門には肛門腺という臭いを発する器官があって、生来的に独自の臭いを発するような体の構造になっています。したがって、犬には多少の体臭はつきものだということですね。体臭については、急にきつくなったら心配するくらいでちょうどよいとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です