自己啓発本のススメ

ライフヒーリング

ライフヒーリング

ライフヒーリング

ライフヒーリング

「ライフヒーリング」という本を友人に薦められて読んだのがかなり前のお話。
忘れっぽい私でも珍しく、この本の記憶は残っているんですね。
1993年に発売されて依頼、世界132ケ国で42の言語に訳された3,500万部の大ベストセラーとのこと。

その説得力は何とも言えない気持ちになると言いますか…それは著者のリアルな体験からくるものなのかもしれません。
著者のルイーズ、L・ヘイは1925年生まれの女性。
彼女の生い立ちは壮絶で、生後四ヶ月で両親が離婚、再婚。
そして5歳でレイプ、折檻などの虐待を受けます。
成人してからはファッションモデルとして活躍しますが、めでたく結婚するも離婚。
離婚後はガン告知を受けました。

ルイーズ、L・ヘイはガンに対して独自の解釈をしていきます。
それは「ガンは根深い恨みから身体を蝕んでいく病気」という解釈でした。
それは子供の頃に経験した怒りや恨みを全て無くすことがガン克服への近道だと言います。

いわゆる投薬治療ではなく、自然療法による健康回復に全力を尽くします。
そこで彼女が得たのは、ガンの克服。

自分を前向きな気持ちへと変化していく自己啓発本としてバイブル化してしまうのも納得です。
この本にはいくつもの具体的な方法が掲載されています。
その1例を。

3歳児の自分を心の中に座らせ「おまえのことは愛しているし大事に思っているよ、おまえの顔は好きだし明るくて利発なところも好きだ。おまえのやり方は好きだし、間違うのも勉強のうちだからいいんだよ。いつどんな時にもおまえの傍にいるからね」と語りかける。
もし自分に自信がなく、何か変わりたいと思ってる方、1つの参考にしてみては如何でしょうか。